水噴霧消火設備とはどのような設備? | コラム | 群馬県太田市高林東町 西小泉駅【有限会社マルワ防災】

ロゴ
BLOG
ブログ
更新日:2022年07月15日 コラム

水噴霧消火設備とはどのような設備?

44

「水噴霧消火設備とは、どのような設備だろう」という疑問をお持ちではありませんか。
名前を聞いたことがないという方もいらっしゃいますよね。
そこで水噴霧消火設備とはどのような設備なのか、簡単に解説していきます。
消防設備に興味をお持ちでしたら、ぜひ内容をチェックしてみてくださいね。

▼水噴霧消火設備とは
道路や駐車場などに対して設置される消防設備の1つが「水噴霧消火設備」です。
開放型スプリンクラー設備と基本的な構造は同じで、水噴霧消火設備に付いているのはスプリンクラーヘッドではなく、「水噴霧ヘッド」です。
水噴霧消火設備には以下のような特徴があります。

・水滴が非常に小さい
・蒸発しやすく熱を奪う効果が高い
・気化する時に酸素を遮断する効果がある
・電気絶縁度が高く、電気火災に適応出来る

水噴霧消火設備の設置にあたっては、集水管などの設置も必要となります。
もし水噴霧消火設備の設置を考えているのなら、まずは消防設備工事の会社に相談してみましょう。

▼まとめ
消防設備工事の会社では、施設の内容に合わせた消防設備の設計や提案を行います。
各種施設や地域の安全を守る仕事の1つであるため、高いやりがいを求めているなら、おすすめの仕事です。
太田市の「有限会社マルワ防災」では、各種施設での消防設備工事を行う新規スタッフを募集しております。
「フルタイムの正社員としてやりがいのある仕事に転職したい」とお考えでしたら、ぜひ弊社への応募をご検討ください。

Recruit

募集要項

アイコン

0276-40-6090
8:30 〜 17:30

アイコン エントリー