水噴霧消火設備とスプリンクラーの違いは何? | コラム | 群馬県太田市高林東町 西小泉駅【有限会社マルワ防災】

ロゴ
BLOG
ブログ
更新日:2022年07月01日 コラム

水噴霧消火設備とスプリンクラーの違いは何?

43

「水噴霧消火設備とスプリンクラーの違いは何だろう」と疑問に感じていませんか。
似たような設備だというイメージをお持ちの方もいらっしゃいますよね。
今回は2つの設備についての「違い」を簡単に紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

▼水噴霧消火設備とスプリンクラーの違い
水噴霧消火設備とは、スプリンクラーのように散水によって消火を行う設備です。
水噴霧消火設備は、スプリンクラーよりも水の粒が細かいという特徴があります。

急激な蒸発で熱を奪うため冷却効果があり、蒸気で酸素を遮断することが可能です。
基本的な構成は、開放型スプリンクラー設備と変わらず、水噴霧消火設備にはスプリンクラーヘッドではなく、「水噴霧ヘッド」が設置されています。
水噴霧消火設備とスプリンクラー、どちらを設置するべきかは、施設の種類や状況などによって異なるため、どちらが良いかは消防設備工事の会社に相談してみましょう。

▼まとめ
消防設備工事の会社では、各種施設に合わせて、消防設備の設計からメンテナンスまでを行います。
施設の種類や状況に合わせた判断が求められるため、やりがいがあり、社会貢献度も高い仕事です。
もし消防設備工事の仕事に興味をお持ちでしたら、太田市の「有限会社マルワ防災」までお気軽にお問い合わせください。
新規スタッフを募集しており、未経験者でも丁寧にサポートしておりますので、安心して働くことが可能です。

Recruit

募集要項

アイコン

0276-40-6090
8:30 〜 17:30

アイコン エントリー