消火器の設置基準について | コラム | 群馬県太田市高林東町 西小泉駅【有限会社マルワ防災】

ロゴ
BLOG
ブログ
更新日:2022年01月22日 コラム

消火器の設置基準について

32

「消火器には設置基準が定められているのだろうか」という疑問をお持ちではありませんか。
施設による違いなどが知りたいという方もいらっしゃいますよね。
そこで消火器の設置基準について簡単に紹介しますので、ぜひ内容をチェックしてみてください。

▼消火器の設置基準
消防法では消火器の設置基準について細かい決まりを設けています。
消防法施行令第10条では、消火器の設置対象物を以下のように定めています。

■延面積に関係なく消火器を設置しなければならない建物
・劇場
・映画館
・キャバレー
・ダンスホール
・病院
・養護老人ホームなど

■延面積150平方メートル以上の建物
・公民館
・百貨店
・旅館
・ホテル
・老人介護支援センターなど

■延面積300平方メートル以上の建物
・学校
・図書館
・博物館など

消火器の設置本数は、建物の面積や構造などによっても変わってきます。
どうしたら良いか分からないと感じるなら、専門の業者に相談してみましょう。

▼まとめ
「消火器を設置するべきか」「何本消火器を設置したら良いか」など不明なことがあるなら、消防設備工事の会社に相談すると安心です。
消防設備工事の仕事では、消防設備の設計からメンテナンスまで幅広く行っており、地域の安全に貢献しています。
転職にあたり消防設備工事の仕事を検討しているのなら、太田市の「有限会社マルワ防災」までご応募ください。
安心して働けるようなサポートをしておりますので、やりがいを感じながら長く働いていただけます。

Recruit

募集要項

アイコン

0276-40-6090
8:30 〜 17:30

アイコン エントリー