ビル火災が起きた時の避難方法 | コラム | 群馬県太田市高林東町 西小泉駅【有限会社マルワ防災】

ロゴ
BLOG
ブログ
更新日:2021年08月21日 コラム

ビル火災が起きた時の避難方法

3

「ビル火災が起きた時の避難方法が知りたい」とお考えではありませんか。
勤務先がビルであれば避難訓練をしているはずですが、そうでなければ避難方法も分からないですよね。
火災はいつ起きるか分からないものですので、避難方法を把握しておくのは大切です。
今回はビル火災が起きた時の避難方法について簡単に紹介しますので、ぜひ目を通してみてください。

▼ビル火災が起きた時の避難方法
ビル火災が起きた時には、以下のようにして避難します。

・館内放送の指示に従う
・煙を吸わないように身体を低くしてハンカチで口を覆う
・速やかに非常階段を使って避難する

火災が起きた時にはエレベーターは使えませんので、避難には非常階段を使用します。
身体を低くしてハンカチで口を覆い、煙を吸わないように意識しながら避難します。
火災が起きたというアナウンスがあっても、冷静さを保ちパニックを起こさないようにしましょう。
無事にビル火災から避難するためにも、冷静かつ速やかに対応することが大切なポイントです。
可能であれば、日ごろから非常階段の位置は確認しておくことがおすすめです。

▼まとめ
ビル火災が起きた際の避難方法をご紹介しました。
ビル火災では、煙を吸わないように注意し、速やかな避難を心がけることが大切です。

太田市の「有限会社マルワ防災」では、ビルや福祉施設などでの、消防設備の施工に携わっております。
弊社では業務拡大に伴い消防設備施工スタッフを募集しておりますので、興味がありましたらぜひご応募ください。

Recruit

募集要項

アイコン

0276-40-6090
8:30 〜 17:30

アイコン エントリー