警報設備にはどのような種類があるの? | コラム | 群馬県太田市高林東町 西小泉駅【有限会社マルワ防災】

ロゴ
BLOG
ブログ
更新日:2021年12月01日 コラム

警報設備にはどのような種類があるの?

25

「警報設備にはどのような種類があるのだろう」という疑問をお持ちではありませんか。
どんな警報設備を設置したら良いか分からないという方もいらっしゃいますよね。
そこで警報設備の種類を特徴と併せて紹介しますので、ぜひ内容をご確認ください。

▼警報設備の種類
警報設備には、以下のような種類があります。

・自動火災報知設備……熱や煙などを初期段階で感知。発生区域を受信機に表示して警報を発し、建物内に火災を知らせる
・ガス漏れ火災警報設備……可燃性ガスの漏洩を検知。発生区域を受信機に表示して警報を発し、建物内にガス漏れを知らせる
・非常警報設備……手動でベルやサイレンを鳴らして、建物の中にいる人に災害の発生を知らせる
・住宅用火災警報器……住宅での火災を感知して、住宅内にいる人に警報音で知らせる

建物により、どの警報設備を設置するべきかは違ってくるものです。
どんな種類を設置すべきか分からない時には、消防設備工事の業者に相談してみましょう。

▼まとめ
警報設備を始め、各種設備の設置やメンテナンスを行っているのが、消防設備工事の業者です。
消防設備工事は地域社会の安全にも貢献する仕事であるため、やりがいを求めている方におすすめです。
太田市の「有限会社マルワ防災」では、経験の有無を問わず、消防設備工事のスタッフを募集しております。
福利厚生も充実しており、安心して長く働くことが出来る環境ですので、転職をお考えでしたらぜひ弊社までご連絡ください。

Recruit

募集要項

アイコン

0276-40-6090
8:30 〜 17:30

アイコン エントリー