警報設備とはどんなもの? | コラム | 群馬県太田市高林東町 西小泉駅【有限会社マルワ防災】

ロゴ
BLOG
ブログ
更新日:2021年11月22日 コラム

警報設備とはどんなもの?

24

「警報設備とは何だろう」という疑問をお持ちではありませんか。
どういう時に使えるものなのか知らないという方もいらっしゃいますよね。
そこで警報設備とは何なのかを分かりやすく紹介します。

▼警報設備とは
警報設備とは、以下のような設備の総称です。

・自動火災報知設備
・ガス漏れ火災警報設備
・非常警報設備
・住宅用火災警報器
・消防機関へ通報する火災報知設備
・非常警報器具など

警報設備は、火災などの災害を早期に感知するために、必要不可欠なものです。
建物内にいる人々が火災に気付き、安全に避難するのにも警報設備が役立ちます。
火災による犠牲者の多くは「逃げ遅れ」が原因で命を落としています。

そのため、早期で火災が起きていることを感知するのは、非常に大切なことです。
建物によっては、特定の警報設備の設置が義務付けられており、メンテナンスも必要になります。
消防設備工事を行う会社に相談すると、設計からメンテナンスまでを対応してくれるので、便利です。

▼まとめ
早い段階で火災の発生を把握して対処するために必要となるのが、警報設備です。
建物や人々の安全を守るために、消防設備工事の仕事では、警報設備を始めとする様々な設備の設置やメンテナンスを行っています。
太田市の「有限会社マルワ防災」では、消防設備工事を行う新規スタッフを、正社員で募集しております。
「現在より待遇の良い会社に転職したい」「やりがいが感じられる仕事に就きたい」とお考えでしたら、ぜひお問い合わせください。

Recruit

募集要項

アイコン

0276-40-6090
8:30 〜 17:30

アイコン エントリー