火災報知機の種類にはどんなものがあるの? | コラム | 群馬県太田市高林東町 西小泉駅【有限会社マルワ防災】

ロゴ
BLOG
ブログ
更新日:2021年11月01日 コラム

火災報知機の種類にはどんなものがあるの?

21

「火災報知機にはどのような種類があるのだろう」とお考えではありませんか。
どんなものがあるか分からないという方も多いですよね。
火災報知機とは総称であるため、いくつかの種類があります。
そこで火災報知機の種類を紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

▼火災報知機の種類
以下のような機器の総称が「火災報知機」です。
下記のような種類があります。

・自動火災報知設備……管理者に火災場所を知らせ、建物内に警報音で避難を促す
・非常警報設備……手動でベルやサイレンを鳴らす
・火災通報装置……消防機関に火災を知らせる
・住宅用火災警報器……住宅の寝室や階段に設置する

病院や福祉施設などには、火災通報装置の設置が義務付けられています。
また、住宅には住宅用火災警報器を設置する必要があります。
定期的な点検やメンテナンスを行い、もしもの時にきちんと作動する状態を維持するようにしましょう。
建物により必要な設備は違うため、設置を考えているのなら専門の業者に相談してみてくださいね。

▼まとめ
建物に合わせて適切な火災報知機を選んで設計したり、点検やメンテナンスを行ったりするのが、消防設備工事の仕事です。
地域に密着した仕事がしたいと考えているのなら、消防設備工事の現場スタッフもおすすめです。
太田市の「有限会社マルワ防災」では、共施設や福祉施設での消防設備施工に携わっております。
新たに消防設備施工スタッフとして働いてくださる人材を募集しておりますので、転職をお考えでしたら、ぜひご応募ください。

Recruit

募集要項

アイコン

0276-40-6090
8:30 〜 17:30

アイコン エントリー