火災報知機の止め方 | コラム | 群馬県太田市高林東町 西小泉駅【有限会社マルワ防災】

ロゴ
BLOG
ブログ
更新日:2021年10月22日 コラム

火災報知機の止め方

20

火災報知機の止め方が分からないとお困りではありませんか。
誤作動の可能性もあるため、どのようにしたら良いか止め方も把握しておきたいところですよね。
そこで火災報知機の止め方について簡単に解説しますので、参考の1つとしてお役立てください。

▼火災報知機の止め方について
機種による違いもありますが、ほとんどの火災報知機は、以下の2種類の方法で止められます。

・停止ボタンを押す(または長押しする)
・紐を引く

停止ボタンの形には、機種による違いがあります。
ただし「警報停止」など停止ボタンであると分かるような表示になっているはずです。
いざという時に慌てないように、止め方を説明書などで確認しておくことをおすすめします。

警報が鳴ったら、必ず安全を確認してから火災報知機を止めましょう。
もしも、火災の可能性があるのなら、必ず119番への通報や避難などを行ってください。
誤作動が続くようであれば、消防設備工事の会社にメンテナンスを依頼する必要があります。

▼まとめ
火災報知機を始めとする消防設備は、人々が安心して暮らすために必要不可欠なものです。
地域の安全を守る仕事をしたいと考えているのなら、消防設備工事の仕事を選んでみませんか。
消防設備工事の仕事をしている太田市の「有限会社マルワ防災」では、業務拡大につき、新規スタッフを募集しております。
安心して働けるように福利厚生も充実しており、資格の取得も可能ですので、転職をお考えでしたらぜひご応募ください。

Recruit

募集要項

アイコン

0276-40-6090
8:30 〜 17:30

アイコン エントリー