スプリンクラーの点検頻度について | コラム | 群馬県太田市高林東町 西小泉駅【有限会社マルワ防災】

ロゴ
BLOG
ブログ
更新日:2021年08月05日 コラム

スプリンクラーの点検頻度について

2

「建物に設置されているスプリンクラーには点検が必要なのだろうか」とお考えではありませんか。
しっかり点検が行われているものなのか気になる方もいらっしゃいますよね。
消火設備は安全のために必要なものであるため、定期的な点検が行われています。
そこでスプリンクラーを点検する頻度について簡単に解説しますので、参考にお役立てください。

▼スプリンクラーの点検頻度
スプリンクラーは、6か月に1回の機器点検と、1年に1回の総合点検を行う必要があります。
外観の確認と簡単な操作による機器確認と、スプリンクラーの総合的な機能を点検を行う総合点検を行います。

スプリンクラーの点検は、消防設備士、または消防設備点検資格者によって行われるものです。
消防法に基づき必要な消防設備が設置されているのであれば、たとえ小さな建物でも点検を行わなくてはなりません。
点検で故障や不備などが見つかった場合は、早急に補修を行う必要があります。

▼まとめ
スプリンクラーを始めとする消防設備は、人命に関わるものであるため、定期的な点検が非常に重要です。
点検を行っている消防設備士の仕事は、建物の安全を管理する上でとても大切な仕事だと言えます。
太田市の「有限会社マルワ防災」では、公共施設や福祉施設などでの、消防設備の施工に携わっております。
業務拡大に伴い消防設備施工スタッフとして働く人材を募集しておりますので、興味をお持ちでしたらぜひ弊社までご連絡ください。

Recruit

募集要項

アイコン

0276-40-6090
8:30 〜 17:30

アイコン エントリー