工場火災の特徴と火災対策 | コラム | 群馬県太田市高林東町 西小泉駅【有限会社マルワ防災】

ロゴ
BLOG
ブログ
更新日:2021年10月01日 コラム

工場火災の特徴と火災対策

17

「工場ではどのような火災対策をするべきだろうか」と頭を悩ませていませんか。
何から考えたら良いか分からないと感じる方もいらっしゃいますよね。
そこで工場火災の特徴と火災対策について簡単に紹介しますので、ぜひ目を通してみてください。

▼工場火災の特徴と火災対策
設備や製品などの損失につながるため、工場火災は取引先や消費者にも大きく影響します。
また火災の規模が大きいと、被害は周辺地域にまで及ぶ可能性もあるでしょう。
グラインダーやボイラーなどは特に出火の原因になりやすい機械であるため、取り扱いには注意が必要です。
工場では以下のような火災対策が必要です。

・火災発生時のマニュアルの策定
・初期消火体制整備の検討
・防災教育や避難訓練
・消防設備の設置や点検

マニュアル策定や初期消火体制整備の検討、防災教育などは工場全体で考えなくてはなりません。
消防設備の設置や点検は、知識を持っている専門の業者に相談する必要があります。
定期的に消防設置の点検やメンテナンスを行い、いざという時に備えましょう。

▼まとめ
製造工場・公共施設・福祉施設などを安全に維持するために欠かせないのが「消防設備」です。
やりがいを求めているなら、地域の安全確保に貢献出来る消防設備工事の仕事を考えてみてはいかがでしょうか。
太田市の「有限会社マルワ防災」では、消防設備工事の現場スタッフを募集しております。
消防設備の設計から保守まで対応しておりスキルアップも可能ですので、転職をお考えでしたらぜひご相談ください。

Recruit

募集要項

アイコン

0276-40-6090
8:30 〜 17:30

アイコン エントリー